【うまいだけではダメ?!】メイクの仕上がりを悪くするNG習慣とは?!

仕上がりがいまいち…

ma
メイクはそこそこうまいと自分では思ってたのに…
最近メイクの仕上がりがいまいち…
と言った方はいませんか?
ma2
なんと化粧の仕上がりは、テクニックよりも、メイクをする時の習慣にあるのです!

仕上がりが悪くなる習慣?!

ma3
そこで今回は化粧の仕上がりや色持ちが悪くなるやってはいけない習慣についてご紹介していきます!

暗い部屋でメイクする

ma4
暗い部屋でメイクをすると、メイクの仕上がりが落ちてしまいます。
では、それはなぜなのでしょうか?
それは、暗いとメイクの発色がわかりにくくなり、厚塗りや濃すぎる原因となってしまうのです。
そのために、明るい部屋でメイクをする習慣をつけましょう!

パジャマのままメイクする

ma5
その日に着る洋服にあっているメイクではないと、
洋服のコーデにマッチしていないちぐはぐなメイクになってしまいます。
着替えてからメイクすることを心がけましょう!

小さい鏡を低いところで使う

ma6
メイクの時の小さい鏡は顔全体のバランスが悪くなる原因となってしまいます。
さらに、顔を下げて使うと、影ができてしまい厚塗りになりがちなのです。
そのために、大きい鏡で顔より高いイチでやりましょう。

スキンケアをしない

ma7
しっかりと保湿をすることがメイクの仕上がりを左右します。
しっかりと保湿やスキンケアはしましょう。

メイク道具の汚れ

ma8
パフやブラシなどのメイク道具が汚れていることも一つの要因です。
メイク道具には汗や皮脂が付着していて、その状態で使い続けると仕上がりが悪くなるだけではなく肌荒れの原因にもなります。
ですので、しっかりとメイク道具の手入れをしましょう!

肌に合ってない

ma9
自分の肌に合っていないファンデーションを使う事は仕上がりが悪くなる原因です。
乾燥肌の人は、保湿力のある油性のファンデーション。
オイリー肌の人は油分を吸収してくれるパウダーファンデーションを選びましょう!
今回紹介したメイクの仕上がりを悪くする理由はわかったでしょうか?
心当たりがあれば直して最高のメイクの仕上がりを手にしましょう!

関連記事

  1. 【正統派メイクの極意!】すっぴん風のナチュラルメイクで好感度UP♪ 異性だけでなく同姓にも!同世代だけでなく年配にも!ウケのいいメイクとは?

  2. クオリティー高すぎ100均コスメアイテム!持つておくべし、ダイソー7アイテム♡

  3. 【アイライン1つで大変身?!】なりたい顔になれる! アイラインのひきかたテクニック♪

  4. 【OLさんに人気?!】使いやすい色と上品な質感のアイシャドウとは?!

  5. 赤を味方につけて垢抜けよう⁉「赤眉」で新しい自分にチャレンジ

  6. 【25歳のいまどき】オフィスガールのシチュエーション別モテメイク術を一挙大公開♡※動画あり