【え?これもだめなの…?】生理痛を悪化させる身近な食べ物とは?

女の子の悩み、生理痛。

痛みがひどくて薬を飲んだり、学校や仕事に影響しちゃうこともありますよね。

実は生理痛を悪化させる成分や食べ物があるんです。

生理痛で毎月ゆううつ…

sei7
知らず知らず口にしてしまうほど身近なものがNGだったりするんです。
鎮痛剤も強い薬、飲むのはできれば避けたいですよね。
生理痛を悪化させる食べ物と、和らげる効果が期待できる食べ物を紹介します。
次の生理の時は、意識してみてください☆

コーヒー、紅茶、緑茶

sei5
生理中の大敵は冷え。
カフェインには血管を収縮させる効果があり、冷えの原因になります。
朝、職場で、食後のリラックスに、コーヒーを飲む人は多いと思いますが、生理中は控えた方が○。
紅茶、緑茶にもカフェインは含まれているので注意しましょう
温かい飲み物で体を温めているつもりが、実は冷えの原因に…。
生理中はハーブティーや、ルイボスティーなどカフェインの入っていないものをチョイス。
どうしてもコーヒーが飲みたい!という人はカフェインレスのものが売っていますよ♪

チョコレートもNG…!?

sei2
チョコレートが好き!という人は注意。
実は、チョコレートにもカフェインは含まれているんです!
他にもチラミンという血管を収縮させる成分が入っていたり、甘さが血糖値を上昇させた後急降下させるので、イライラや情緒不安定の原因にも…。
カカオポリフェノールなど体に良い成分も入っているので、生理期間を避けてハッピーに楽しみましょう!

ホットミルクもだめ?ミルク、チーズもNG

sei3
エストロゲンは妊娠、更年期障害対策にかかわる女性にとって大事なホルモンです。
チーズや牛乳などの、乳製品を摂取しすぎは、エストロゲンの過剰な分泌につながり、生理痛を悪化させることもあります。
とりすぎには注意しましょう。

体が冷えるアイスクリーム、冷たい飲み物も

sei
つめたーいアイスクリーム、飲み物も体が冷えてしまうので、生理中は頑張って我慢しましょう!
アイスクリームの冷たさだけではなく、含まれてる白砂糖でも体が冷えてしまい、血糖値が上がったり下がったりして生理中のイライラの悪化にもつながります…。
普段何気なく食べいるものばかりですね。

次は生理痛に効果のある食べ物を紹介します。

女性の体にうれしい大豆

sei4
大豆に含まれるイソフラボンには生理痛をやわらげる効果が期待されています。
でも摂取しすぎはエストロゲンの過剰分泌につながるので、摂取量に注意しましょう。
イソフラボンの摂取量の一日の上限は70~75mgで、無調整豆乳200mlにはイソフラボン60mgが含まれています。

他には女性ホルモンを整えてくれるビタミンE、ミネラルが含まれているアーモンド
血行を促進して体を温めてくれるしょうが。
血行を促進する効果のあるDHA・EPAを含む青魚などがあります。

普段は体に良い食べ物でも、生理中の体にはNGな食べ物があります。
NGな食べ物を見極めて、おいしいものを、体に優し楽しくくいただきましょう!

関連記事

  1. 【超簡単?!】美肌に便秘解消小顔をゲットできる耳マッサージとは?!

  2. 【グリーンスムージーで簡単ボディメイク!】飲むだけ簡単スムージーの力。 ただ痩せるだけじゃない!ボディメイクしながら健康に痩せる方法のご紹介♪

  3. 【紅茶で?】美しく健康になれる?! 知られざる紅茶の秘密。いつものコーヒーを紅茶に変えて!

  4. 【なんとかしたい】生理前の止まらない食欲!太らないためにも対策法お教えします!!

  5. 【質のいい睡眠とれていますか?】 美容に疲労回復に正しい“眠活”で美人になろう!

  6. 【100%成功する!】絶対に腹筋を割る超効果的なトレーニングとは?!