無意識にやっているその美容法、実は逆効果かも…正しく知ってきれいになりましょう!

美容のためにと何気なくやっているいつものお手入れも、知らずにいると効果を得られないばかりか、かえってお肌や髪を痛めてしまうこともあります。ここでは、よく間違えやすいいくつかの美容法の注意点をご紹介します。

角質、角栓ケア

bi2

bi3
「ポロポロ」「スルッ」と取れる角質、角栓ケア、あまりの気持ちよさについつい毎日やりたくなってしまいますよね。けれど、角質、角栓ケアはやりすぎてしまうとお肌を痛めて乾燥してしまったり、毛穴が広がってしまうこともあるんですよ。
一週間に一度や特別な日の前などに使ってみたりと、やりすぎには十分注意をして使ってみてくださいね。

お湯や冷水での洗顔

bi4
「毛穴が引き締まりそう」「目が覚めて気持ちいい」そんな理由から冷水で洗顔している方も多いのではないですか?確かに眠気も冷めて気持ちいいですが、毛穴がふさがるのは30分程度しか持続しない上に、冷えることで赤ら顔や乾燥の原因にもなってしまいます。また、お湯での洗顔も同じく、皮脂を落としすぎてしまって乾燥の原因になってしまいます。
洗顔は中間の「ぬるま湯で」洗うようにしましょう。

そして、洗顔後のお肌にそのまま化粧をしたりするのもNGですよ!
忙し朝であってもお化粧の刺激からお肌を守るために、化粧水も忘れずに!

毎日の髪のお手入れに…

「髪がさらさらになるから」とヘアパックを毎日している方のいるのではないでしょうか?効果は期待できるけれど、ヘアパックもやりすぎてしまうと髪の傷みの原因になってしまいます。
毎日のお手入れにはシャンプー+トリートメントを使い、ヘアパックは一週間に一度のスペシャルケアとして取り入れましょう。タイミングとしては、シャンプーとトリートメントの間にヘアパックを使うとより効果的です。

bi5

お手入れ方法それぞれの注意点も意識しながら、上手に活用してきれいになりましょう!

関連記事

  1. 【長持ち】保湿クリームならきつすぎない!練り香水みたいなハンドクリームが話題に!!

  2. これ1本で全身美肌をゲット!無印良品のホホバオイルの使い方5選♡

  3. 赤を味方につけて垢抜けよう⁉「赤眉」で新しい自分にチャレンジ

  4. 【抹茶りっぷくりーむ】祇園辻利の本格抹茶使用! リップクリームなのに、本格的なお抹茶?!気になる詳細のご紹介です。

  5. 【美脚は作れる!】モデルさんのスラリと細くて長い脚♪ 憧れるけど脚を細くするのはムリ!とあきらめていませんか?

  6. −10歳肌も夢じゃない!!1日10分でシワ・シミを消し去る時短美肌法って?