【えっ?夏太り?】夏は汗もかくし、食欲も落ちるし、痩せるでしょ! なんて大間違い!夏太りの原因と対策をご紹介します♪

夏は何もしなくても汗をかきますね。汗をかくのは体にいいこと!
なのですが、それと痩せるということは全く別問題です。
また、食欲も落ちるため、自然に痩せられる!なんて思っていませんか?
そんなあなたに残念なお知らせです…
夏に気づけば太っているという「夏太り」
どうして夏に太るのでしょう?
夏は食欲がなくなったり、寝苦しくて十分な睡眠がとれなかったりして、生活のリズムが狂いがちです。
また、強すぎる冷房や外気との温度差で体調を崩しやすくなってしまいます。
夏太りの原因を上げていきますので、夏に太りやすい人は当てハマっていないかチェックしてみてください。

原因1食事

ase

ase5
暑いからと言って冷たいものばかり食べていませんか?
冷たいものは体を冷やし、代謝を悪くしてしまいます。
代謝が落ちるため、脂肪を燃焼することができずに太りやすくなるのです。
また、アイスやジュース、ビールなど冷たいものを多めに摂取してしまいます。
そのため、余計な糖分をとり過ぎてしまっているのです。

できるだけ、体を冷やさないように温かいものを食べるようにしましょう。
熱いものを食べるのが苦手な人は、しょうがなど体を温めるものを摂取することをおすすめします。

原因2運動

ase2

ase3
春先までランニングやウォーキングをしていた人も、さすがに暑すぎて控えている人も多いと思います。確かに、熱中症などのリスクを考えるとあまりお勧めはできません。
運動しなくても汗をかく夏。この汗は体温調節のためのもので、スポーツで流す汗とは違います。
ですから、暑いときは無理をせず、家の中でストレッチをしたり、プールで泳いだりして運動をするように心がけましょう。

原因3睡眠

ase4
暑さで寝苦しいと眠りも浅くなり寝不足になったりします。
睡眠時間が短くなると食欲をおさえるホルモンであるレプチンの分泌が少なくなり、
逆に食欲を促すホルモンであるグレリンが増えてしまうのです!
その結果余計に食べてしまって太るということがあります。
深夜に分泌される成長ホルモンには脂肪を分解する働きもあるので、眠れないということはそのホルモンの分泌がされずに、肥満になりやすくなるのです。

扇風機やエアコンをタイマーでセットしたり、氷枕をつかったり、シーツをクール素材のものに買えるなどして、質のいい睡眠を心がけましょう!

関連記事

  1. 【本気でくびれを求める人へ!】最小限の努力で最大限の成果を! 究極の腹筋法でしっかりと引き締まったウエストを手に入れましょう♪

  2. 【冬のマストアイテム!ふわふわニット♪可愛く着こなすためには!】 着ぶくれせずに華奢に着こなすための“朝10分!肩甲骨ダイエット”

  3. 【寝ながら美脚?!】むくみ脚にお別れ! その日のむくみはその日のうちに!が鉄則です!

  4. 【2週間でOK?!】今噂のケトン体ダイエットってなに?!

  5. 【なんとかしたい】生理前の止まらない食欲!太らないためにも対策法お教えします!!

  6. 【効果的なダイエット!】スロートレーニングダイエット。 1週間のダイエットスケジュールを実践してみましょう!