【おすすめアイテム】思わず触れたくなる肌で彼を秒殺。冬はむちゅ肌メイクで愛されよう!!

今回は冬におすすめの”むちゅ肌メイク”を紹介します。冬メイクは乾燥しないもっちり肌に仕上げたいですよね。今回はベースメイクの方法を紹介しています。どれも簡単なので挑戦しやすく、おすすめのアイテムも一緒に紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

むちゅ肌ってなんだろう?

muc
“むちゅ肌”とは、触りたくなるような、女の子らしいもちっとした肌のことで、思わず触れたくなるようなむちゅ肌は、メイクで簡単に作れちゃうんです♡
むちゅ肌メイクでみんなから愛される顔をメイクしましょう!

むちゅ肌メイクHow to

muc3
• ベースメイクは下地が大事

• まずは下地で肌をトーンアップさせ、ピンク系の下地を使うとくすみがなくなりワントーン明るい肌に。
透明感を出したい場合はブルー系の下地を使いましょう。
赤みやくすみが気になるところに部分的にコントロールカラーを使うのもおすすめです。

この時使う下地は、保湿効果のあるものを選ぶともっちり肌に近づけます。
• 化粧下地は肌を美しく見せるためのさまざまな役割を備えているので、メイクの印象を左右します。
内側から血色感がにじみ出るような桃色の肌に。パールが入っているので、自然な透明感のある肌に仕上がって来ます。また、モイストタイプなのでもっちり肌に仕上げてくれます。

ニキビやシミなど、どうしても気になる部分にはコンシーラーを

muc4

• ニキビやシミ、目の下のクマなど気になる部分はコンシーラーでカバーしましょう。
動きやすい目元や小鼻周りなどはリキッドタイプのコンシーラー、ニキビなどにはスティックタイプのコンシーラーがおすすめです。
むちゅ肌メイクをするポイントはくすみやクマ、肌トラブルをしっかりカバーすることなのです。
• 広範囲に使うのであれば、伸ばしやすいクリームタイプか筆のリキッドタイプが良いでしょう。また、ピンポイントに数か所ニキビやシミをカバーしたい場合は、カバー力に優れたスティックタイプがおすすめです。

ファンデーションは保湿力が鍵

muc5
むちゅ肌メイクで乾燥は絶対にNG!
厚塗り感が出るのも避けたいので、ファンデーションはカバー力よりも保湿力を重視すると良いでしょう。
薄くて全体に伸ばしてナチュラルに仕上げるのがポイントで、ファンデーションブラシを使うとムラなく自然に仕上げられます。

ハイライトで自然なきらめきを

muc6
• ファンデーションを塗ったら、Tゾーンやツヤを出したい部分にハイライトをON。
顔に立体感が出るだけでなく、光に当たるたびにきらめく肌が出来上がります。
パウダータイプだとどうしても粉っぽくなってしまうので、スティックやクリームタイプを選ぶとベストです。
また、ハイライト入れすぎると顔が大きく見えてしまうので、入れすぎないよう注意しましょう。
• ハイライトは、「膨張して見える明るい色」の特徴を利用して肌に立体感や明るさを出すメイクです。必要以上に広範囲に入れてしまうと、顔全体が膨張して見えてしまいます。さらに「ツヤ感」が「テカリ」に見えてしまいます。

私はメイクをたまにして居ましたが、適当にしていました。改めてどんな顔を作るかでやり方が色々あるのだと知りました。これからこの方法でお化粧の仕方を修得したいと思います。

関連記事

  1. 【デカ目メイクに隠された秘密】オルチャンメイクから学ぶアイメイク! これでぱっちり二重の大きな目が手に入る?!

  2. 【童顔をコンプレックスなんて言わせない!】実はモテ顔?! 童顔を生かすメイクの方法教えちゃいます♪

  3. 【眉は顔の額縁】眉の印象で顔の雰囲気までもが変わります!今どきの眉を意識して、メイクで差をつけましょう。

  4. 【うまいだけではダメ?!】メイクの仕上がりを悪くするNG習慣とは?!

  5. 【リピ買い決定】プチプラコスメの殿堂「CANMAKE」→その中でも話題の使い切りコスメ4つをご紹介します!!

  6. 【必見!!】プチプラで?!明日試したくなるアイシャドウレシピを特別公開します!!