【全身キレイに洗えていますか?】毎日お風呂は当たり前! だけど…汚れが溜まっているところがあるのです!

みなさん、毎日お風呂に入って清潔にされていることと思います。

いつも無意識に同じ順番で洗っていますよね。

もちろん全身くまなく洗っている・・・つもり?!

しっかり洗っておかなければいけないのに、ついつい見落とされてしまう場所が体の中にあるのです。

う~ん・・・ショック!

でも、そんな見落としがちな部分やケアの方法など紹介していきますので大丈夫!

今日からしっかりケアしていきましょう

忘れないで~耳!

furo2

耳を意識して洗うことはありますか?

実は汚れがとても溜まりやすいところなのです。

特に一日中外にてほこりや砂をかぶったりするとザラザラするときもあります。

ただ、耳の中に水や泡を入れるわけにはいかないので、ケアの方法を学びましょう。

※お手入れ方法

石けんや洗顔フォームをしみこませた綿棒で、耳の中をやさしくくるくるします。

縁の部分も忘れずに!

最後に乾いた綿棒で処理します。これで耳の清潔は保たれます。

忘れないで~おへそ!

furo3

おへそは、汚れが溜まるとかなり臭くなります。

でも、いじり過ぎるとお腹が痛くなったりしてよくありません。

穴が細くて深いおへそには、どうしても汚れが溜まりやすいものです。

時々でいいので、綿棒にオイルをつけて、穴の中をやさしくお掃除しましょう。

オイルがしみこむと黒い汚れがツルっと落ちて気持ちいいですよ。

忘れないで~手足の爪!

furo4

足の指の間は意識して洗う人も多いかもしれませんが、足の爪となるとどうしても洗いにくく、見落としがちです。

まずは、足湯などで汚れを浮かしてから洗うと効果的です。

furo5

爪の間はどうしても洗いにくいので、爪ブラシの利用をおすすめします。

見落としがちな部分を意識しつつ、入浴してみましょう。

まずは頭、それから体を洗っていきます。

首を洗うときは耳の裏を洗うように意識しましょう。

顔を洗うときと同じように、体もやさしく洗いましょう。

furo6

スキのないキレイ女子へ!

関連記事

  1. ズボラ女子が勝ち組⁉「毎日習慣」がおブスの原因になっている

  2. 【細くてキレイなふくらはぎを目指して!】 原因解明と対策&方法をいっきにご紹介します♪

  3. 【セルフネイルを簡単でキュートに】マネしちゃいましょう♪ かわいいと話題の「テヨンネイル」

  4. クオリティー高すぎ100均コスメアイテム!持つておくべし、ダイソー7アイテム♡

  5. 【おばあちゃんも知ってる?!】長く愛されるレトロなコスメとは!?

  6. 【知らなかった】すっぴんがベスト!?メイク以外に可愛くなる方法とは??