【パッとしないいつものメイク!】完成度アップしてみませんか? 塗り方ひとつで、今あるお化粧品でも効果絶大です!

メイクに自信ありますか?
というより、ファンデーションやリップの塗り方にこだわりや自信はありますか?
意外と気にせずチャッチャとやってしまう人も多いかと思います。
アイメイクなどに比べると、塗り方まではあまり気が回りませんよね。
しかし!塗り方ひとつで完成度か変わるのです。
今持っている化粧品でトライできるのでぜひやってみてください。
今回はファンデーションとリップの塗り方にクローズしていきます。

リキッドファンデーションの塗り方

make
リキッドタイプの場合は、手やブラシ、スポンジなどで塗っていきます。
いずれも手の甲に適量だし、やさしくなじませます。
手の場合は、中央の3本の指の腹を使ってやさしく塗っていきましょう。
ブラシの場合は、ブラシをくるくると回して馴染ませていきましょう。
スポンジの場合は、まず指先で広げてからスポンジに馴染ませていきましょう。
※中央から弧を描くように塗っていきます
make3
皮膚をできるだけ引っ張らないように気を付けながら、伸ばしていきます。
崩れにくく、厚塗りになりません。

パウダーファンデーションの塗り方

make2
画像のように適量スポンジにとります。
このとき、とり過ぎてしまうと厚塗りになってしまうので気を付けて!
リキッドのように弧を描くように塗るとムラができるので、パウダーの場合はポンポンとやさしくたたき込むようにして塗っていきます。
毛穴やくすみなどが気になるところを中心にたたき込みます。

スポンジとブラシを使い毛穴を隠していきます。
目元や小鼻などの細かいところは角度を変えてうまくたたき込んでいきます。

決め手のリップ

make5
印象を大きく左右するのがリップです。
その日のコーディネートに合わせてリップの色を変えてみたりすることもあると思います。
リップに塗り方なんてあるの?と思ってしまいますが・・・
プルッつややかな唇にするにはコツがあるのです!
まず、リップメイクの前にやるのが、リップクリームを使った保湿です。
1、唇にたっぷりとリップクリームを塗り、1~2分後に軽くティッシュでオフします。
make5
唇の保湿が終わったらいよいよ色をのせていきます。
2.コンシーラーで唇の色を整えたあと、ホワイトパウダーを軽くのせ
マットにコーティングします。このひと手間で持続力と発色力が高まるのです!
3.トントンとリップをたたくようにのせていきます。上下の唇の中央奥から3分の1ほどまで塗るのがポイントです。決して全体にベタ塗はしないように!
4.指を使って外側に向かって叩いて伸ばしていきます。
※リップは縦に塗るのが原則です!
縦に塗ることで色が浸透しやすく、横に塗る際の摩擦を防ぐことができるのです。
make4
塗り方を意識するだけで出来栄えが異なるなんて、気にしたことなかった!
という方、明日の朝から是非試してみてくださいね。

関連記事

  1. 【ポイントコスメ?!】迷ったら買うべきな本当に買ってよかったメイクアイテムとは?!

  2. 【メイクの新革命?!】この秋はスティックファンデーション! 乾燥に負けないベースメイクの作り方!

  3. 【最後のひと手間!仕上げのパウダー】フェイスパウダーで長時間べたつかないクリアなお肌に大変身!・・・画像あり

  4. 【眉は顔の額縁】眉の印象で顔の雰囲気までもが変わります!今どきの眉を意識して、メイクで差をつけましょう。

  5. 【必見】アイラインなしでも大丈夫!大きく印象的な目に見せる技教えます!

  6. 【自分だけの色に?!】キャンメイクの人気リップが別の形になって新登場!